4月9日 旅2日目 雨

画像1

朝7時
京丹後市、どこぞの体育館の裏で起床。
夜中に雨が降ったみたいで、テントの露を払い片付けをする。

この日は雨予報みたいなので、降水確率の低い午前だけでも、進みたいところ
左膝が痛み出したのでサロンパスを貼っておく。
昨日の坂でガシガシ漕いだので過重がかかったのだろう。
足をヤられるのは致命的なので今後は様子を見つつ行こう。

9時に出発し、しばらく走ると、早くも降ってきた。
レインウェアを着て海沿いの道を行く。

画像1

画像1

画像1



しかしわかってはいたものの4月といえど冬の日本海というのは荒れているというか寒い

途中にあった琴引浜鳴き砂文化館というところに
入場料300円払い中へ。
雨宿りも兼ねて覗いていこう

画像1

画像1

画像1

画像1


この辺も鳴き砂があるようだ
砂を踏むとキュッキュと音がするヤツでたしか近くだと石川にもあったはず

係員さんが熱心に説明してくれたのでけっこう楽しめました。


更に海沿いを進みます。


画像1

「Pension 晴れたり 曇ったり」
うん・・・ 雨なんだよ

画像1

「気分晴ればれ」
いやだから、・・・  雨なんだよ

カッパを着ているとはいえやはり寒い
海沿いを進み、道の駅「くみはまSANKAIKAN」に。

画像1

画像1

ここで昼食を頂く事に
なんとバイキングが700円。
こ、これは、・・破格じゃないだろうか!
しかも制限時間的なのもないっぽい!!

画像1

一通り食べた後も不足しがちな野菜を摂り続け、結局、1時間半ぐらい食べてました。

食べた後はかるく動けなくなってたんで少し自転車整備する事に。

実はリアキャリアの金具がずれてきてました。

画像1

ミニキャリアに干渉するんで金具でかさ上げして取り付けてもらってたんですがそれが前にずれてフレームに当たる!傷がつく!

画像1

前日にホームセンターで調達しておいた金具で補強する事に。

画像1

金具を曲げて二点支持に
しばらくこれで様子見ます。

あとは各部掃除とかしつつ空模様を伺うことに。
朝見た予報だと午後から天気崩れるみたいだったんでここで停滞決め込むつもりだったんですが、
画像1

レーダー見ててもこの後も一向に雲が寄ってこないんで進むことに。

3時 再出発。

画像1

道中にあったデカい看板
幸せはそばにあるんだね
明日は出石蕎麦を食べたいなあ。

画像1

だらだらはしって兵庫県へ!

画像1

初日見たやる気ない天橋立を示す看板がココにも有った。

程なくして豊岡市内へ

画像1

舞鶴と同じく商店街が続いている感じの街で雨の日でも市街地なら傘いらずですね。

しばらくマックで過ごし夕方から寝床探しに。
市内をうろちょろしてまだ割と人けの無さそうな公園の東屋にてこの日は就寝。

しようと思ったが、

23時前後だっただろうか。
ブオーーーブロロロロッという低い車のエンジン音。

程なくしてキャーキャーワーワー聞こえてくる。
ヤンキーキターー!!!

街中だから仕方ないと思いつつ内心、
(こっちくんなよ!ちょ、おま、こっちくんなよ!)状態。

そんな気持ちとは裏腹に一向はこの東屋にあるテントに気付いた模様。

男A「え?テントあんじゃん」
女A「え?どこ」
男A「ソコソコ」
男B「ちょ、ヤバくね?!!」

みたいな反応だったと思う。
いや、ヤバいのはお互い様だ。

割りとすぐ近くまできてる模様。
テント外のチャリ、道具類にいたずらされるのは勘弁だったんで、意を決して出る事に。

外にいたのは二十歳ぐらいだろうか。チャラい感じの三人がいた。

こんばんわ、地元民ですか?
を皮切りに日本一周をしている事、翌日に行く出石の話などをした。

彼らは見た目ほどチャラくなく普通に敬語で話してきた。

程なくして彼らは去って行った。
ブログも教えたので見てくれるだろうか?

何事も無かった事に安堵しつつも今後、街中では宿を取ろうなんて思いながら今度こそ就寝。

画像1

走行距離 63.47km 最高速度 46.8km
平均速度 16.3km 走行時間 3:53
積算距離 310.24km