4月25日 旅18日目 晴れ

画像1

道の駅「波野」の休憩所で起床。
本日は、阿蘇を巻いて宮崎方面に戻ろうと思います。
9時半出発。

画像1

ここからはしばらく下りっぱなし
阿蘇外輪山からいったん降りるような感じかな?
ちょいと下り、すぐに阿蘇山が見えてきた。


画像1

画像1

画像1

画像1

阿蘇は熊本から攻めるつもりだったんで今回は横切るだけ。
下ってきた分また登って宮崎方面に進みます。

画像1

画像1



画像1

この辺一帯は、焼きたて…だろうか?

画像1

画像1

去年の水害の痕も多く見られました。

画像1

画像1

画像1

はやく元の景観を取り戻してほしいですね。

どんどん登って宮崎方面へ

画像1

画像1

もう牛とかどこにでもいるな。

画像1

ブタみたいな布切れが吊るされている
これは何除けだろう…

画像1

おしゃれな街灯。
この集落のどこかで宮崎県入りしてたみたいだけど、旧道なのか標識が無かった。

下りの途中、前輪が振れてるのが目に止まったのでチェックすると、

画像1

スポーク折れてるううう
後ろばっか折れるから荷を前積みにしたんだけどその影響か今度は前輪

厄年だし仕方ないとか適当に思いながら毎度の処置をしときます。

ココまで折れると、スポーク自体の品質が疑わしいので、組み替えした方がリスクヘッジになるかもしれませんね。
いくらかかるんだろう…?

自転車乗りの方、自転車に詳しい方、今後の進め方、適切な判断等あれば、ご教授願います。


途中、トンネルの駅という旧トンネルを利用して酒を造ってる所に寄ってみます。

画像1

画像1

画像1

画像1

ほうほうなるほど
こちらは旧鉄道のトンネルを利用してワインを熟成させているという事みたいですね
だがしかし酒に興味がないのでパッと見で終了。
試飲もできるみたいです。
酒飲まないんだよ・・・

画像1

しばらく行き、高千穂の市街に。
ここがもうゴリッゴリの坂に無理矢理街作った感じでした!
まずそもそも街のメインストリートが坂!!
ここ来る迄の山間集落もすごかったけど…
ではお目当ての滝の方へ

画像1

本道から外れ、この脇道を進んで高千穂峡に行けるみたい。

では、いこう!

としたら、
向こうから、汗でドゥルッドゥルになった外人さん(デイブ・スペクター似)が電動チャリを押して歩いてくるではないか!
で、なぜか頭に捻じり鉢巻。
そしてこちらに気付いたのか、ドヤ顔と笑顔を混ぜたような表情を浮かべていた…
(つまり汗でドゥルッドゥル!のテンパデイブスペクターがドヤ笑顔で目配せしてきたというわけだ)

僕は、笑うのを必死で堪えた。
というのは、彼は、いろいろとおかしかったのだ!(ねじり鉢巻とか)
明らかにヤバい表情をしていた。
いったい何だったんだろう…

しかし、すぐにその訳は理解できた。

画像1

そういうことだったのか…
つまり、あのデイブは
「HEY そんな重いチャリで行くのかYO!帰りはヤバいZE!」
という事を目で訴えてきてたのだろう。
とはいえ行かないわけがない!!
下って到着!

画像1

画像1

画像1

素晴らしい景観!
見終わり、今日は、次の道の駅までにしようと思います。
下ってきた坂もあのデイブ程ではなく、割と普通に登れた(もちろん、押したが)

そして宮崎に入ってからなのだが、僕が一番驚いていたのが、この辺の景観だろう

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

なんというか、山に、街ではなくて家が在るのだ。
ずーっとバラバラに点在している感じ。
そして谷がめちゃくちゃ深い。
国道から下の道(川沿い)まで高低差が100mぐらいはある(実際、ログみたら100m以上あった)
段々畑が延々と続いてる中、ヤギ積んだ軽トラ爆走してるし、もうここアンデスじゃね??
(もちろんアンデスなど行った事はない)

それと、やたら話しかけられるのは、多分、この辺は、ロード乗りですら少ないからなのではないだろうか?

写真の様な景観がずっと続いた。
延岡までずっと下りだと思ってたが、アップダウンがある。
そしてコンビニで休憩時にリーマンのにいちゃんと話してところ、まだしばらく続く様だ。
20km程、だらだらとアップダウンが続き、延岡の街手前でグッと標高を落とす感じで行くらしい。

宮崎のイメージといえばシーガイアとか南国っぽい海だったが、一気に覆された。
それどころか、阿蘇の景色や、スポーク逝ったのさえ、吹っ飛ぶ程だっただろう。

しばらく走り、道の駅「星雲橋」へ。

画像1

ここで野宿しよう…と思ったが、近くに電車の宿なるものがあるらしい。
なんだか面白そうなので、電話して見たら空いてるそうだ。
ちょっとまよったが行くことに。
脇道に入り谷を降ります。

画像1

上にいる時はわからなかったが、これが星雲橋みたい。
道の駅は橋の左端詰めにあった。
しかし鯉のぼりがとても良い感じである

すぐに電車の宿へ

画像1

画像1

画像1

画像1

ここの路線は2005年まで走ってたそうだ。
廃線になってからこういう取り組みをした模様
先に見てきた酒ポイントもそういう経緯だったのね

画像1

自転車はホームの下へ

画像1

隣にある、日之影温泉駅は現在、温泉になっていた。
というわけで、温泉入って、電車で就寝。

画像1

走行距離 84.98km 最高速度 50.8km
平均速度 16.9km 走行時間 5:01
積算距離 1453.7km