5月24日 旅47日目 曇り

画像1

キャンプ村「彼杵の荘」で
道の駅「彼杵の荘」で5時半起床。
7時営業なので早めに撤収!
職員が来てるにも関わらず3人居る安心感からかダラダラと片付けを行う。

画像1

この道の駅、建屋は小さいけど広々してるので開放感があります。

画像1

画像1

7時過ぎにコウジさんが出発!
昨晩は楽しかった!ありがとう!

画像1

画像1

間も無くユキジさんも出発!
彼とは方向が同じなんでまた会うかも。

画像1

時間があるのでダラダラします。

本土最西端を目指しますが、とりあえず隣町、川棚町の「あんでるせん」という喫茶店に行きます。
ここが以前からちょくちょく噂を聞いていた所で、とてつもない超能力者が居るということでした。
なお、事前に予約が必要です。

画像1

ちょっと走り川棚町へ

画像1

10km程で川棚駅

お店は駅の前にあります。
時刻は8時。11時にきて欲しいと言われていました。
というわけで…

画像1

駅前でひたすら暇を…持て余す!!!!!!!!

11時になり店に。

画像1

客は私を含む16名でした。

そして事前に聞いていましたが待ちが長い。
注文をして、1時間くらいでモノが出てきて更に1時間くらい待つ。
とはいえ他の客もそんなことは承知のようでした。

13時から超能力ショーが始まります。

マスターは軽快にジョークをいいながら、千円札を空中に飛ばしたり、五百円玉をかじったり、奇想天外なことを目の前で繰り広げてくれた。

ショーの時間は3時間程。
金額的には、喫茶店で何か注文をするだけで見れる。

そして個人的な感想だが、

アレは超能力だ!と聞いていたが、ショー自体はマジックショーの範疇だと思う。
(実際、見ていてトリックの解るものもああった)

だが、目の前で繰り広げてくれるソレはやはり迫力がある。

そして、ジョーク、話がおもしろい!
たとえば、客を交えてショーをするわけだが、客の顔を見てそれっぽい芸能人の名前で呼ぶのだ。

たとえば、前のおじさんはハリソンフォードさんだったり、となりのおばさんは杉本彩さんだったりした。
ちなみに私はキアヌリーブスさんでした(笑)

そして笑い話だけではなく、哲学的、教訓になるような話もしてくれた。

十分に楽しめました。

画像1

店を出て時刻は4時。佐世保方面へ。
途中、ハウステンボスなんかもありましたがもちろんスルー!
お花畑で男一人でどうしろというんだ…

画像1

画像1

そしてハンバーガー日本発祥の地SA☆SE☆BO!へ
長崎市並に都会なので驚きました。

画像1

画像1

コレを食べなければ佐世保に来た意味がありません!
味は…うんめええ!
バンズだけでも既にうまい。

ちなみに幾つかお店があるようですが、面倒だったので、通り道にあったログキットというところで食べました。

本土最西端を目指します。

画像1

画像1

画像1


そして、ついに…

画像1

やってきたZE!!!
端っこのはずなのに目の前に島があるから台無しじゃないか!
佐多岬以上の達成感だ!!

画像1

nightのpassをrunして次の道の駅まで。
9時半ごろに到着し就寝したのでした。

画像1

走行距離 84.26km 最高速度 40.8km
平均速度 19.8km 走行時間 4:15
積算距離 3075.47km