7月9日 旅93日目 曇り

画像1

海沿いの公園で起床。
テント畳んだあともベンチで寝たりとダラダラします。
9時に出発!
今日は佐渡金山に行って、半島の北を目指します。

画像1

というわけで山路を登って行く
金山というわけなのでもちろん山の方だ

画像1

佐渡金山来ました!
佐渡と言ったらここに来なければならない!

が、財布の中にお金がない!

さあ、どうする?(さど)
仕方なく下山
銀行で金を降ろす事に

画像1

画像1

雰囲気の良い商店街だ
銀行も見つけ無事お金ゲット!

画像1

画像1

道中、横穴がぼこぼこあるのだがこの辺も金山の名残だろうか

無事、入場券GETだぜ!
2か所あるが先ずは宗太由夫坑へ

画像1

画像1

中は涼しい
坂登ってホカホカの状態でinしたんで湯気がヤバい

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

当時の採掘の方法、暮らしぶりなど、かなりおもしろい展示でした。
ちなみに人形は動いてます。
ちょっとこわいです。

画像1

画像1

佐渡の金山が江戸幕府を支えたわけですね。
で金塊が箱の中にあり取り出すと景品がもらえるみたいなので頑張ってみるが…

画像1

画像1

ギギギ………
重い……(12.5kg)
無理でした。

続いて、道遊坑へ

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

こちらは近代の坑道といった感じでまあそんなにでした。
二つの坑道がそれぞれ800円で二つのまとめてだと1200円なので、貧乏旅人は宗太夫坑だけでもよかったかもしれない

佐渡金山を堪能したので下山
十分に、お金出して見る価値はあるものでした。

画像1

画像1

画像1

路地を抜け、さっきの商店街で弁当買って食べる。
さあ、北に向けて進みたいと思います。。

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

しかし、佐渡の景観はすばらしい。
直前まで迷っていたがやはり来て良かった。

画像1

suddenly(さど)
ゼット坂来たよ!!
佐渡では有名な坂だ

こんな時はメタルだ
メタルを聞いてテンション上げてくしかない!


これをiPhoneから最大で流す!

ゼーット!(水木一郎風)

画像1

登りだしゼーット!

画像1

ゼーット!

画像1

折り返しゼーット!

画像1

落石注意ゼーット!

画像1

再度折り返しゼーット!

画像1

乗りきったゼーット!
やはりメタルの力は絶大

で、登り最後で荷を振ってる途中にパンッ!という金属音がしたのだが…
この音はもう何度も聞き覚えがある
そう、あいつに違いない
で調べたら、

画像1

やはりスポーク折れてた

だがしかし!
スポークは折れても私の心を折れないのだ!
山陰、九州でスポーク折りのジュンの異名を欲しいがままにしていたこの私だ!

画像1

なんと福井に戻った折にCRAFTEDのオーナーに予備スポークを頂いていたのだ!!!
というわけで修理です。

画像1

なんとか通して修理完了。
ギア反対側だからよかったが、やはりやりにくい
どっかでスプロケット回しを買おうかな…
ここからは北のスポット、大野亀に向かいます。

画像1

画像1

画像1

画像1

あれが大野亀だろう

画像1

画像1

画像1

素晴らしすぎる。
ざわざわと揺れるコウゾウの群生している中を進んで行くのだが、いったい自分がどこにいるのかわからなくなるような感覚。
この臨場感は・・・

そして大野亀には登れるようなので自転車を停めて歩いて行く

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

すばらしい景色だ!
すばらしい景色だ!
すばらしい景観だ!

そこからまた進みます。

画像1

港によい東屋があったので今日はそこで寝ることに
ただ、電波無くてブログも書けないしすることないんで、米を研ぎまくりました。

画像1

明日朝はおいしいご飯が食べれそう

画像1

走行距離 81.59km 最高速度 55.2km
平均速度 19.3km 走行時間 4:12
積算距離 5983.9km