8月8日 旅123日目 晴れ

画像1

キャンプ場にて7時過ぎ頃に起床
本日は5時過ぎのフェリーで函館に渡ります。

画像1

画像1

ねぶたチャリダーズも今日で解散です

画像1

秋葉さんを見送り、

画像1

もゆさんを見送り、

画像1

ライダーのジュンさんを見送り、

画像1

キヨさんを見送り、

画像1

くまもん

画像1

河合さんを見送り、

画像1

オカピーも出発

画像1

ねぶたに間に合わせる為に山形から電車で来ていたチャリダーのまつきさん

日本一周チャ里霧中

続々とキャンプサイトを去って行く面々

そして、誰もいなくなった…

………

………

いやまだいます!

画像1

画像1

謎のバトルを繰り広げるゆーじろーさん&やすさん

画像1

画像1

野球もどき

画像1

テントもほとんど撤収していきました。
昼過ぎになり、ゴミ等を始末してフェリーターミナルへ

画像1

うだうだして4時ごろに船に乗船

画像1

ゆーじろーさん、U太郎さんも同じ便です

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

fujicooooooo!!さんとやすさんが見送ってくれました。

ねぶた、本当に楽しかった。
そしてそれを共に楽しめる仲間がいてよかった!

だってこれ、一人で一週間ソロキャンプとか辛すぎだろ…

画像1

いよいよ北海道です。
寝て起きたら函館ついてました。

画像1

函館港

画像1

そのまま走り、

画像1

セイコーマートへ!!
初セイコマです。
これから北海道でお世話になるでしょう!

画像1

フェリーターミナルに戻りセイコマの百円パスタ等を食べ就寝です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

乾いたタオルが汗を吸うように、ジュンの焼けた肌は太陽の光を吸い込んでいく。
あと30キロばかり進めば、目的地に辿り着ける。
そう、そこでジュンの旅は終わりを迎える事になっていた。
太陽は西の方へと徐々に傾きつつある中、ジュンの心には落ち着きがない。
「喉渇いたなー」
ちょうどよく自動販売機を見つけたので、となりに自転車を立てかけた。
「ブーン」
今日も自販機は低い音を鳴らし続けている。
鈍い音を立ててコーラが落ちてきた。
「はぁーあ」
刺激の強い炭酸が喉にひっかかりながら落ちて行くのがわかる。
そうやって一息いれてもまだ、ジュンは落ち着かないでいた。

3年前、ジュンはみゆきを置いて旅に出た。
みゆきの事が嫌いなわけではないし、おいて行く事には罪悪感だってあった。
付き合って1年…
2人は順調そのものだった。
ジュン自体も旅のことなんか、忘れかけていた。
それでもジュンはみゆきと出会う前の自分を肯定出来ないでいた。
檻のような街から出たかったし、そこで暮らした何でもない生活を認めたくなかった。
みゆきと出会ってからは毎日が本当に輝いた。
みゆきの天使の羽が自分の背中にも付いたようで、街の空を飛んでいるいるような感覚だった。
それでも、2人の場所…
あの堤防の場所…
壁のような堤防、大きな水たまりの海だけは変わらなかった。
「いつかこの海とは違う海を見てみたい。」
堤防と海を見つめながら、ジュンは旅のことを思い出していた。

画像1