9月10日 旅156日目 晴れ

画像1

画像1

道の駅「さんりく」で起床です。
玄関脇の柱がある変なスペースで寝ました。
fujicoooooooh!!さんのテント位置、無理やりすぎる
なぜそこにした…
柱テント内にくいこんでるよ

画像1

昨晩と同じく、ハヤシを朝食に!
か~ら~の~

画像1

龍泉洞coffeeeeeeee!!
ストックしていた最後の一本は、「さんりく」にて飲まれてしまいました。

画像1

えだのさんも追いついてやってきました。
そしてもう一方!

画像1

大阪からの日本一周チャリダー!
昨晩、9時頃ここについて向こうの方で、テント張ってたみたいです。
宗谷岬目指して走っているところみたいでした。
リアホイールのハブがガタガタみたいで、やはりヘヴィーなツーリストは故障が付き物みたいですね!

画像1

fujicoooooooh!!さん出発
大阪のチャリダーさんを反対方向に見送ったあとに自分も出発です。

画像1

道の駅でて300mで自動車専用道に…

画像1

いきなり迂回路、旧道峠道
これまた、さっき食べたハヤシを吐きそうになる道を走って行きます。

画像1

たまに田舎で反射板山ほどつけてる自転車あるけどなんなんだろう…

画像1

大船渡市を経由して陸前高田市へ
ここからの一番被害の大きい地域を見るために今までゲロい道を走ってきたようなものです。
盛岡経由でも全然来れるけど。

画像1
画像1

画像1
画像1

本当に何もない…
ほとんど更地で、たまに鉄筋コンクリートの建物があるぐらいだ…
これまで通ってきた被災地には、仮設の住宅やコンビニがありました。
なので、なにか少しぐらいはあるだろうと思っていました。
ですが、本当に何もない…

画像1

道の駅「高田松原」へ

画像1

一角に献花台が設置されていました。

画像1

画像1

画像1

ツアー?っぽい人についてしばらく説明を聞いていました。

しばらくして、えだのさん、fujicoooooooh!!さんがやってきたので奇跡の一本松見に行くことに。

画像1

画像1

画像1

この松の近辺沿岸は7万本の松が生えていたそうですが全て流されこの一本だけ残ったそうです。
ただ、この松も枯れて解体されたみたいですが、樹脂コーティングされて再度、復興の碑、モニュメントとして組み直されたみたいです。

詳しくはゆーじろーさんのブログ↓

【旅110日目】【2012年9月12日】9月12日、陸前高田市にて

えだのさんは気仙沼市の方も見に行くというのでここでお別れ
fujicoooooooh!!さんと私はというと、ボランティアをするため、ここまでです。
現状、飛び入りでボランティアできるところは少ないようですが、昨晩からfujicoooooooh!!さんが調べて、できるところを見つけてくれてました。

ただ…問題は…
今日、泊まるところがない…
こういう場所なのでもちろん野宿はタブーだ

去年の多くのチャリダーさん達が泊まっていた旧矢作小学校は電話が繋がらず使えないっぽい…
(後にわかるが、まだ宿泊施設として使われている)

で、話し合った結果、ネットカフェという案が!

被災地にネットカフェなんてあるの?って思ったが、
そう、確かに有ったのだ!
ここに来る途中の峠の頂上に!
「え?なんでこんなとこにあんの?」
っていうくらいのレベルの位置に!

だがしかし、fujicoooooooh!!さん、これまで、ホワイトボードにRYUSENDOOOOOOH!!とかjunnnnmnのワンダーランド☆★とかふざけたこと書いてたのに、今朝書いていたタイトルは…


「被災地の現状」
……

……


この日のことを、少し想像してみよう。




ひたすら重機の音だけが響く更地の陸前高田市
進まない復興

災害の跡を見てショックを受け、かなり辛い内容の記事になるかもしれない…







で、最後の最後に、







「ネットカフェにて就寝です☆」


これは、なんか温度差ひどすぎる


まあ、でもボランティアはできるわけだし、それでいいか。という流れになりとりあえず、ボランティアセンターの事務所に行って見ることに。
いまだ、ネカフェ0泊なのにまさかこんな所で泊まることになるとは……
せめて都心とかだと思ってた

画像1

画像1

陸前高田市復興サポートステーション
こちらで話をしていたら、とある方の所で泊まらせてもらえることに!
そちらの方の都合で多くは書けませんが、これで、明日、ボランティアできることが決定!


画像1

画像1

スーパーで飯を食って、そちらの方のところまで行き、この日は終了です!

画像1

走行距離 41.14km 最高速度 50.3km
平均速度 17.7km 走行時間 2:20
積算距離 9903.4km